小牧山城



小牧山城の歴史を訪ねる。
P1000639.JPG


小牧山ガイド
P1000635.JPG


林の中に花が
P1000638.JPG


入り口
P1000640.JPG

神社
P1000636.JPG


P1000641.JPG

歴史案内
P1000642.JPG


小牧山城(愛知県)

城郭構造: 山城

築城主: 織田信長

築城年: 1563年

主な城主: 織田氏、徳川氏

廃城年: 1567年

遺構 曲輪:、井戸、土塁



小牧山城

平野の真中にある為、山の頂上にある小牧城からは周囲を見渡す事ができる。

山の大きさは、東西約600メートル、南北約400メートルである。

山全体の総面積は、約21ヘクタール。

かつてこの山の頂上には、織田信長の命により、山城が建てられていた。この城は、

後に徳川家康が小牧・長久手の戦いで使用した事で有名である。

公園内には、かつての城跡や、曲輪(くるわ)や井戸の跡、土塁を復元した物など

の歴史的資料が展示されている。

桜の名所としても、有名である。

北部に、タブノキがある。タブノキは、この地方では小牧山のみに自生している。



日本の「城」巡りTOP




posted by oojijisun at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。